スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「冷える冷える・・・」By影忍

春です。
立春はとうに過ぎたわよね。

・・・なら何故こんなにも寒い。

外はまるでレティとチルノが共闘でリリーW&Bに戦争吹っかけているような
凄く冷たい風が吹き付けてくるわ。
正直冬より寒く感じたもの。指が死ぬかと思ったわ・・・。
自転車だと避けようが無いのよ・・・。

さて、前回の自爆回のようなくらい話をSageるためにも何時もの様に日常の話。

~Another Century's Episode 3の話。~
学校の休みのおかげで、8日から11日まで休みなのだけれど、
8,9,10とずっと妖夢の家に遊びに行っていたわ・・・。申し訳ない。
で、昔ちょこっとだけやって感覚だけはずっと残っていたACE3の話。
~8日~
レミリア「お邪魔するわ。」
妖夢「どうぞ。」
~部屋に移動~
パチェ「なっ・・・ちょ・・・ピチュる・・・っ」
いい男「おっす。」
レミリア「やってるわねー。・・・あら?このゲームは・・・ACE?(エースと呼ぶ癖がある)」
パチェ「アーッ!ピチュったー!しょうがないからSEEDの方をやるわ。」
そそくさとMyノートPCを開く私。
パチェ「あれ?レミィはなんかやるの?」
レミリア「私色の世界を見せようかと。」
パチェ「はぁ・・・さいですか。」
レミリア「私のノートPCは世界一ぃいいいいい!!」
Myパソコン(タユタマ:ましろ)「はい、これにて起動完了。何から始めましょうか?」
パ&男「・・・。」
レミリア「ふっ・・・」
~パソコンでMyGTAカオスワールドを披露した後一人でパラダイスしてました。~
レミリア「・・・つまらぬ。」
妖夢「あはは・・・ちょっとレミリアさんにパラダイスさせてあげましょうよ。」
レミリア「パラダイスと申したか。(石鹸屋コール&レスポンスのてるよ風に)」
~ACE起動~
パチェ「さっきは見なかったけど、OPかなりリアルね。」
妖夢「ほら、レミリアさん、ゼロカスタム。」
レミリア「う、うぉっほぉおおおおおお!!」
小町「叫ぶなw」(私が来た後に来た人)
フラン「DXぅうううううううぅぅううう!!」(同じく)
~ACE初期ミッション。出撃機:Wゼロカスタム 状態:フル強化+リミカ済み~
非ロリから微ロリ『・・・出撃する。』
レ&フ「緑川ぁあぁあああぁああっ!!」
小町「うぜぇw」
~ミッション開始。~
レミリア「どどどどどどどうしよう。操作方法が分からないいいい。」(興奮でテンパってる)
妖夢「画面で説明してくれますよw」
レミリア「あ、□ボタン押しちゃった・・・」
ウィングゼロカスタム、ツインバスター発射。前方の敵消滅。
一同「おぉー。」
レミリア「あぁ・・・(はぁと)すごく・・・いいわ・・・(ビクンッビクビクッ) 」
いい男「やべぇwレミリアさんが悦楽しだしたw」
妖夢「R1と○同時押しして見て下さいよ。」
レミリア「はっ、まさかそのコマンドは・・・よし来たっ!くたばれっ!!」
ロリ王子『今楽にしてやる。』
全部隊消滅。
一同「ぱねぇw」
レミリア「あっ・・・はァッ・・・(ビクッビクゥッ)」
いい男「もう駄目だw」
~その後何故か対戦に~
小町「うぇえ・・・あたしも操作覚えてないよ・・・」
レミリア「さ、来いよぉ!!(既にゼロカスタム選択済み)」
~ガンダムファイトぉ!!(ぁ~
小町「は、速いっ・・・」
レミ&恭介「『・・・回避成功。』」
パチェ「まさか・・・ユニゾン・・・!?」
レミ&シンクー「『・・・お前を殺す。』」
ツインバスター発射。
フ&パ&レ「パラダイス!!」
小町「ぬぁ・・・」
レミリア「オラ来いよぉ!!」(テンションが有頂天な奴)
妖夢「では私が・・・私も久々にやるなぁ。」
~レミ:ウィングゼロカスタム 妖夢:∀ガンダム~
妖夢「確か・・・これで・・・」
何かを投げつけられる。
芳野祐介『機体に異常発生。』
レミリア「ん?」
ちゅどーん。ウィングゼロ大破。
妖夢「あ、出来たw」
レミリア「・・・。(放心)」
パチェ「だ、大丈夫?」
レミリア「わ、わっ、私のロリカスタムがァ嗚呼アアアアあああぁぁぁああぁあぁああああ!!!」
小町「ロリカスは別物w」
その後は私・妖夢・小町・フランの4人になったので、スマブラXしてたわ。
もちろん中の人繋がりでしっかりとマルスを使ったわ。
~二日目~
レミリア「ねぇねぇ。私パラダイスしたい。」
妖夢「あぁ、うん。良いですよ。」
レミリア「やたっ♪私昨日リアルエース動画見て研究したんだから。」
妖夢「へぇ。」
~リアルエース。~
レミリア「あ、仲間が死んだ。」
妖夢「難しいですよねぇ。」
レミリア「ふむ、やはりここはノーマルで・・・」
~自機:ウィングゼロカスタム 僚機:フリーダム(M)&ジャスティス(M)~
レミリア「ほらほらフラン。鬼畜攻撃。」
コンビネーション技。
フラン「うぉおおお!ぱねぇ!!」
~その後DXとかゴットとか使った気がする。~
レミリア「うっぷ・・・ACEの宇宙戦酔うわ・・・」
小町「わかるわかる。」
~三日目~
レミリア「フリーズ!!」(ネイティブっぽく。)
良い男「おぉぅレミさん。ほら、GTA4だよ?」
レミリア「(画面見て)フリーズ」(ネイティブっp(ry
良い男「ほらほら。戦闘ヘリ。」
レミリア「・・・フリーズ」(ネイティブかつ良い声で)
良い男「やる?触る?」
レミリア「・・・フリーズ」(緑川意識)
良い男「今日来てからそれしか言ってないw」
~レミリアさんが人を轢くそうです。~
レミリア「さぁて、東方GTAとレミリア様がゆくで鍛え上げられたこのカリスマ的操縦テクをだな…っ」
妖夢「バイクでウィリーだと・・・っ!?」
良い男「更には加速までっ!?」
レミリア「HAHAHAHAHA!おっと失礼っ!!」
妖夢「グシャッて言った!今凄いグシャッて言った!!」
レミリア「気にしなァあああぁい!!」
~そんな感じで人を数分でかなり轢き殺しました。~
レミリア「ふぅ。」
いい男「こんな短時間であそこまで人を轢き殺す人始めてみたぜ。」
レミリア「うー・・・ACEがしたい・・・がやめておこう。」

ってな訳。
以上。
そして異常に眠い。(そりゃ3時だからね。)
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。