スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「真・解体新書:影忍刹輝」

今回は私的な『誤った』解釈と自分自身の性格をぐだぐだと書いています。
過度な期待はしないで下さい。
また、今回は(一応)真面目に考えているので、一人称などを戻しています。
・・・一人称は殆ど私なんだけどね。
これを見ると嫌な気分にさせる、と言うことも充分ありえるので、
見るのなら眠気と無意識に文章を在りのままに書いたので
意味の分からない文章と向き合える覚悟を持って見て欲しい。



では、続きからどうぞ。
まず手始めに。
このブログを書くにあたって、段落ごとに題名をふっておく。
気分を害させそうな段落には紅い題名を書いておく。
見て害したら自己責任ということで、文章は(プロローグを除く)ドラッグして見て欲しい。

~プロローグ~
時に私に『性格が分からない』と言った人が居る。
私にも今の私が何なのか。分からなくなる時がある。
良く分からない自分をもう一回考えてみようと思う。

~自分の性格について~
正直自分の性格を一々把握している訳ではないので正確さは無いのだが、
私の性格を一言で現すなら『行雲流水』が一番妥当であろうと私は思う。
空を行く雲のようにはたまた流れる水のように。
自分の在るがまま気のままに自分の道を行く。
それは性格にも出ている様で(当たり前なのか…?)
今まで私に付き合った人には、同じ時間帯でも気分や感情では相当表情や声音が違うと言う事を
思い出す又は既に感じてもらっているのではないだろうか。
PC上でも恐らくそうであろう。
普段は自分から話しかけることは無いが、Skypeではプロフ欄で文字と画像での
自分の意思表示を一応しているつもりではある。
恐らく変える事は無いので画像での例えを少し。
小悪魔が机でせっせと勉強している画像では、実際に勉強していたり、作業であまり返信に
手を回している余裕が無い時に使われている。
まぁ、大抵手が離せない場合と言うのはあまり無いのだが、大方勉強と言う意味合いで見てもらえれば
いいであろう。
バレンタイン絵ではあるが、雛ちゃんがハートのチョコを抱いている絵がある。
大方それは『私は暇である・退屈している。』と言う意味合いで使っている。
・・・少々分かりにくいであろうか。一応文字でも表現しようとは努力していこう。
前記でも述べたが、私から話しかける、と言うのは、リアルでもあまり無い。
私が一人で居たいからそうするのか?実はそうではない。
本当に一人になりたい時は、私は人が居る様な所には絶対に行かないし、
まず、全体的に不機嫌オーラを出すであろう。
私はどうやら話しかけはしないが、友達とどうしても話がしたいタイプであるらしく、
話しかけようとしても、私の話題では相手が詰まらないのではないか?等と色々考えてしまうらしい。
可笑しな事に色々多い被せていても、本来の性格はどうしても出てしまうらしい。
オンラインゲームでは絶対に話しかけるまで話さなかったりするタイプである。
事実私はアラドで知らない人に話しかけたことはあまり無いし、
有ったとして記憶してるのは相手が丁度私が持っているアイテムを高値で買ってくれると
言っていたからだ。金銭的な事になると、私は結構霊夢並にしつこいと家族内でも定評がある。
某大型トレントの交流掲示板に、投稿するとその下に自分のプロフィールが表示されるサイトがある。
私はそこにちゃんと相手が話すきっかけになりそうなプロフィールをちゃんと書いている。
昔から交換日記等でプロフィールを誰よりも詳しく書いてしまう癖があるが、
それは話しかけるのを待つ私が無意識に、話しかけてもらおうと努力した跡なのかもしれない。
私の登録しているサイトなどが分かる人はプロフィールがあるところを見てもらえば
それが良く分かるだろう。一番近場はHPのプロフであろうか・・・。
会話でも、他人が面白そうに話していると、入りたくても入れない状況が多々ある。
それはPC上でもそうだし、スティッカムで知らないが絵がうまい人の中に入ろうとか考え、
結局はやめてしまうことが多い。匿名であるとはいえ、性格はけして私を解放してはくれない。
私には何か仲介役として、誰かに居てもらわないと駄目なんだと実感した。
そんな意味と、いろんな意味で、私はまだ自由を手に入れては居ない。

まぁ、私としては、雰囲気(PC上では不可能では在るが)で私の気分を察して欲しいと思っている。
リアルではきちんとした意思表示をすることはあるものの、私は面倒くさがりと言う素晴しい
スキルを持ち合わせているので、意思表示はおろか、行動までもを必要最低限に設定してしまう。
もしPC上もあわせて私と付き合う人が居るならば、上の件を踏まえて、私と仲良く接して欲しいと思う。


~上記を踏まえた上での『多重人格』~
私は自分の本性と言う物は絶対に人前には出さないようにしている。
・・・それは本当に出していないのかは分からないが、自分の意思的にはそうしているつもりだ。
多分、本当の性格をさらし続ければ、私はあまりにも幼く、自己中心的な行動を取るだろう。
自分の思うがままに。それを本当に実現させたいと思うならば、
私はどこぞの悪役と同等かそれ以上の存在だろう。
もし私に絶対的な何かの力があったとするなら、私が最初にすることは自分の希望道理の世界を
作ると言うことだろう。つくづく困った人だ。自分でも呆れてきた。

本当に性格を一瞬だけ表に晒してしまった事が一回だけある。
昔学校で、私たちのクラスでは男子は教室外で、女子は教室中で着替える習慣があった時がある。
確か何らかのちょっかいをされていたんだと記憶している。
と言うのは、私がその晒した瞬間の記憶が全く無いのと、歳の所為であって。
私が覚えているのはちょっかいを出した生徒の胸倉を摑んで
教室の入り口の扉に凄い力で押し当てている事だけである。
オーバーな表現だなぁと思われるのは仕方が無いが、私の脳は一応正常である。
『私の自由の為に邪魔な存在は消えてなくなればいい。』
それが本心であり、実際私がこれを真剣に考えた経験は多々あり、今でも思うことがある。
それが行動に移されないのは、世の摂理なのか、私の弱弱しい良心なのか、神の制御なのか。
はたまた幼い私が晒した本心に怯えた私が本能的にまだ抑えてくれているのか。
決まってこういう事を考えるとブルーな気持ちになるが、
またまた決まって私は「とりあえず何も考えない」と言う素晴しい能力を発動させる。
ストレスや苦痛を溜めていると、本性の鎖が解かれるかも知れなくも無い・・・
兎に角、私は、何も考えない時と考えている時の差が激しい。


~変態だっ!変態が居るっ!!(気分を害すると言うか、性的な意味で害すると思う。)~
私は時に変態としてネタ的な意味合いで接してくる、と言った人が多い。
『ムッツリーニ』だの『ド変態』だの『夜王(性的な意味で)』だのと呼ばれることもある。
無論ネタとして、だが。
別にそれが嫌だなんて私は思っていないし、それで私が私の意に反しない心地よい
仲間の下に居られるのであれば寧ろ喜んでやる。
そして、困ったことに、私は事実変態であるということを自爆告白しよう。
別にばれても嫌われなければ非でもなんでもないと考えたので、ここから先は黒歴史でも語ろうと思う。
まず、私が『本格的な』パソコンを始めたのが小学校2年生だと言う事を覚えておいてほしい。
本格的に私が『ネット』を始めたのは何時だったか忘れたが、2年生の頃にはローマ字なんてお手の物であった。
さて、悲劇はここからである。単純計算で3年の頃だと記憶している。・・・あやふやなのは無論歳のせいだ。
普通にチャットやJavaゲームで遊んでいた私ではあるが、ふと見つけたものに釘付けになる。
後に述べる女性に対する免疫というか、女性的思考の原因であろう恋愛物が好きという性格は、
現在も公開されてあるキッズgoo内で放送されているスクールライブと言うWebノベルから来ている。
恥ずかしながら、何故見始めたのかも分からない。だが、今見返しても、いい話だとは思う。
それが影響してか、色々と恋愛物のゲームなどを探すようになってしまう。
無論、そういうものを探していくと、愛を超えてくる物が出てくるわけで・・・、と。
後は言わなくても分かるであろう。私は小学3~4年にして『そういう』世界に入ってしまったのである。
ムッツリーニの様な過剰反応は無いにしろ、小学校5~6年にもなると、女子の間では『あの日』の
話題も出てきだす年頃である。(あの日は察して欲しい。)
「スパッツを履いて来てるんだー」等と隣で話されたらたまったものではない。
知らないフリをするのが精一杯だったと懐かしく思う。
この話については、「ご愁傷様」の一言で軽く流していただきたい。


~女性に対する私の考え~
上の様な話をすると、「こいつ嫌らしい目で女子ばっか見てるんじゃないの?」とか、
「エッチな事しか考えてないんじゃない?」とか思われそうだが、そうでもない。
そうでもないと言うのは、自爆かもしれないが、私も一応KENZENな男子である。
妄想とは言っても、私の妄想は少々他人とは変わっているはずである。
説明しているとまた時間が掛かるのでアレなのだが、要するに分かりやすく言うと、
物事を直ぐあらゆるネタで考えたり、男子が絡み合ってると変な妄想をしたり、反対もしかり、
と言う様な状況である。
で、女子を変な目で~と言う件に関しては、あまり女性には興味がない。
女性に興味が無いと言うからお前はホモか!!と言われても私が困るので一々説明はしないが、
私は女子に対しては男子とはあまり変わらないただの人間と言う独特の考えを持っている。
勿論私は見知らぬ女性との会話は避けたいタイプだが、一度慣れた女性とは男性の友人より話す事がある。
寧ろ、昔は女子と普通に遊んでいる事の方が多かった気がする。
その中で良く分からないのが、私の女子に対するスキンシップの方法である。
私は可愛い女子を見ると何故か「膝の上に乗せて頭を撫でたくなる」のである。
正確に言えば髪フェチでは・・・?と言われても私は否定はしないし、寧ろそうだろうと自覚はしてるし、
私の場合動物で可愛いものを見ても取り合えず膝に乗せて撫でたくなるので、
どうなのかは不鮮明である。
・・・。変な性癖?私にも理解が出来ないから困っているのであるが・・・。
まぁ、ちょっとしたリトバスの来ヶ谷唯湖だと思ってくれていいはずだ。
(事実ネタとして姉御と呼ばれるやり取りはある。)
小学2年の頃、よく遊ぶ少女が居たのだが、その頃から公園でその様なことをしていたものだ。
その頃はまだ100%ピュアな少年だった私は何も感じていないので大丈夫であろう。
普通におんぶして家に送ったり、自転車の上に乗せて(彼女は自転車に乗れなかったはず…)
私が押して帰ったり、自分で女子物の筆箱を買ってプレゼントしたりと、今時の男子からすれば
信じられないくらい乙女っぷりな私であろう。
小学校高学年、私の記憶が正しければ中学でもそういう節があった気がする。
中学の記憶としては、とある「女史(敬意を払い)」を自分の膝上に乗せて頭を撫でていた記憶がある。
しかもその女史以外の女子が居る他人の家で、だ。
多分今でも私の気分によっては人前で平気でそんなことをするだろう。
事実今現在でも私が横になっている所に従姉上が覆いかぶさって来るのだが、
私は抵抗どころかもう好きにしなさいよ状態である。慣れとは恐ろしい者である。
他にも恋愛の相談を良く持ちかけられたり、BLゲームの話で共感したり(!?)と色々伝説はある。
(BLゲームの件はネット上ではあるが・・・。)
まぁ兎に角、私の意味不明な性格が分かってもらえただろう。
「女子の目の前でテンションが下がってる」と言われることがあるが、
それは女子が可愛いから頭を撫でたいのけれども女子に嫌がられても困るので自分でテンションを下げている
と解釈してもらっても構わない。私は可愛ければ何でもいいと思っている。上記道理、動物でも、だ。
そういえば昔動物を見ると撫でたくなるという女子と意気投合して彼女の家に行って彼女の買う犬を撫で
ながら2~3時間話していた事もあった気がする・・・。
昔は祖母の家に行くと可愛い従妹が居たもんだから、外で遊ぶより部屋の中で髪を撫でていた、
なんて事もある。勿論私が小学校高学年と中学の間の話だ。(一般人ではこれでもアウトか・・・?)


まぁ、黒歴史を淡淡々と語ってきたわけだが、私のことは少しは理解してもらえただろうか。
正直分かる人にしか分からないようなどうでもいい話だったとは思うが、
寂しがり屋な点だけは覚えておいて欲しい。
その他の点は話のネタにするなりしてくれていいと思う。

以上。
スポンサーサイト
コメント:

黒歴史・・・読んじゃったのね・・・。
まぁ、いいけど。

ファミマ行っちゃったの?
あら、奇遇ね。
あれから帰って数十回リピートしてるわよ。私。
by: レミリア * 2010/03/29 14:28 * URL [ 編集] | TOP↑
太らせて食べられる氷
そうか~

幼女を見ると
「うわぁ~・・・妹欲し~」

って思う現象と一緒ってわけかw


あっ・・・・・・・・・さっきファミマ行ったwww


あれを
思い出した・・・・・・(3人が踊ったの)




by: 氷⑨ * 2010/03/29 14:25 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。