スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

「正直…疲れますって…」By影忍

ふぅ…発表とかの所為で一週間が長く感じられたわ。
Ciao.影忍刹輝よ。

最近ホント忙しくってね。
実は研究発表には2段階あって、この第一回目の発表で上位4位になった班は
全校生徒の前で発表されると言うなんとも嬉しくないプレゼントがあるのよね・・・。
いや、個人班はいいわよ?あんまり注目されないし。
私の班は2番目位に注目度のある班よ?死ぬって。ホント。
全校生徒1000人越える前で発表とかマジ勘弁だわ…。私意外とシャイなのよ・・・?

さて、そんな暗い話は置いとき、今までの日常ログを開放開放っと。

面倒で諦めてそうだけど一応続きを読むからで。
~ゲーセンのお話~
私の高校の近くにゲーセン屋(通称:お茶漬け)があって、良くそこに行くのよ。
そこには東方のグッズ、例えば抱き枕・90cm四方のクッション等が取れるクレーンゲームがあるのよ。
昔はライターとかあったけどね。↓は実際私が取った奴。背景はMyマウスPAD(ピチューン)
ゲッツ!
で、話題はその抱き枕&クッション。
普通のクッションをクレーンで吊り上げるとかじゃなくって、A賞B賞と分けてある籠を
クレーンで吊るす様なゲームなの。様は揺らすタイミングと位置が大事なわけね。
―ある日のお話。―
先客女性3人ほど「キャーまた取れたーw」
レミリア「・・・人外だわ・・・。」
パチェ「すごい・・・」
小町「あれで3個目じゃん…」
レミリア「月夜ばかりと思うなよ…」
フラン「へ?」
レミリア「・・・なんでも無いわ・・・。」
抱き枕を回収している女性3人ほどがいるではないか。
なんか他人が幸せだと凄いイラつく人。(ぇ!?
~別の日~
フラン「あっ、抱き枕増えてる!」
レミリア「あら、ホント。」
小町「う~ん・・・あたいもやってみようかな・・・」
パチェ「お金の無駄なんじゃない?」
(以下ここからは記憶が曖昧な為、捏造と適当でお送りいたします。)
~一回目~
小町「げっ・・・しくじった・・・」
パチェ「まぁ、当然の結果ね・・・」
小町「あと100円くらいは・・・」
レミリア「貯金箱ねぇ~」
~二回目~
小町「・・・。」
レミリア「あぁ惜しい惜しい!!(修造風に」
フラン「馬鹿にしてる感があるよねお姉様。」
レミリア「違うわよ。これは応援と言う名のジャスティスなのよ。」
パチェ「いや意味が分からないし。」
小町「こうなったら取れるまで投資じゃぁあああ!!」
一同「「「貯金箱ねぇ~」」」」
~数回後~
小町「おっ・・・?」
レミリア「まさか・・・」
クレーンに引っかかる籠。
小町「ヤッター!!」
レミリア「う、嘘でしょ…?」
フラン「わーすごいすごーい♪」
パチェ「・・・。(放心)」
小町「こ、この崩した1000円分は使い切るよ・・・ッ」
~2回くらい~
小町「ヒャッホウ!!」
レミリア「え・・・さっきより少ないお金で・・・!?」
フラン「ねぇねぇ!1000円払うからあれ(フラン&レミリア柄)とってよ!!」
小町「良し来た!」
~100円だったと思う~
小町「コツを摑んだよっ!!」
フラン「後払いねっ!!」
小町「良かろう!!」
レミリア「3つ目・・・流石に引くわよねぇ・・・?・・・パチェ?」
パチェ「この霊夢を取ってください!」
レミリア「白状物っ!!ってかレイパチェかっ!!」
~何回かしたと思う~
パチェ「やった・・・♪」
小町「・・・燃え尽きた・・・流石に財布の中身まで寂しくなるとアレだからここで止めるか…」
フラン「大きすぎて鞄に入んないよぉ~」
レミリア「空気を抜けばいいじゃない。」
小町「成る程。」
パ・小・フの3人が抱き枕を抱えて空気を抜き始める。
レミリア「ちょっ・・・やだなにこれキモイ・・・」
すごく抱き枕を店内で抱きしめている様に見えたこの表現しがたい瞬間w
フラン「ギューー♪」
レミリア「おいこらそこ。マジで抱くな。」
~その日の帰り道~
小町「・・・。」
レミリア「・・・。」
小町「・・・ねぇ。」
レミリア「・・・。」
小町「止めてくれないかい?その腐敗した人類を見るような目をさぁ。」
レミリア「・・・ハァ・・・(軽蔑の目)」
小町「ため息つきやがった!そりゃ痛いよ?自転車の籠に(一応裏返した)抱き枕二つも乗せりゃぁ!!」
レミリア「・・・はぁ・・・明日は晴れね・・・(反対方向上空を仰ぎ見る)」
小町「ホント、止めてください。」
~次の日くらい~
チルノ(お茶漬け屋を紹介した奴)「へぇー!抱き枕取れたの!?」
レミリア「えぇ。正直秋葉行った時のあいつらより引いたわ。」
小町「うっ」
チルノ「へー。そんじゃぁ今日あたいにも見せてよっ。」
~放課後~
小町「さて・・・どれを取ろうか・・・」
レミリア「上に掛けてある掛軸取りなさい。(霊夢柄)」
小町「へ?なんでさ。」
レミリア「あれを・・・家の玄関に飾るのよ・・・(渋い顔)」
小町「ッ!!・・・フッ・・・いいでしょう・・・(渋い顔)」
~レッツラトライ~
小町「はぁ・・・はぁ・・・やっと取れた・・・」
レミリア「まぁ、最初はこういうものよ。」
チルノ「へー。ホントに取ったよこの人・・・」
パチェ「私もやってみるわ・・・」
レミリア「なんと。」
小町「がんばりな。」
~数回後~
パチェ「む・・・ムリ・・・ッ」
レミリア「はぁ・・・よくやるわよね。ホント。」
パチェ「も、もう一回・・・」
小町「きょちん箱ねぇ~」
一同「・・・"きょちん"?」
小町「なっ、なんでもないっ!!」
フラン「ここにまた、新しい名言が生まれた。」
(シャララララ~)『きょちん箱ねぇ~』By小町(友人を仰ぎ見て)
小町「リトルバスターズ風にするなっ!!」
レミリア&フラン「ヘッ・・・(ニヤニヤ)」
その後もやって何個か新しい抱き枕等が増えたわけだ・・・。
(ここからスーパー諦めタイム)

~ニコニコ大会議in東京のお話~
ティッシュ姫やTESTさん、赤飯にピコが出てた!
演奏は見てないけどね!!
以上!!

~こーりんたんとのスカイプについて~
エロイ!!
会話がエロイ!!
でも大好きっ!!
以上!!

~merkmalたんについて~
スティッカムで絵を描いているわ!!
会話相手募集中!!
以上!!(ぇ、宣伝!?

~けいおん!DTAとそれに関するアクセサリーのお話~
デスク トップ アクセサリーの略。
こいつら・・・動くぞっ!?(画像が変換出来なかったためサムネは割愛)
てんでバラバラに動きやがるわ・・・
起動音やシャットダウン音、スカイプの他人の出入りやエラー音をタユタマのましろや美冬、あずにゃん
に変えたら・・・イラッ☆とすることがなくなったわ・・・嗚呼・・・良い・・・☆

・・・以上!!
もうだるい!!(ェー
スポンサーサイト
コメント:
あら、ありがとう。
3100HITはブログの閲覧数の話なんだけど・・・
まぁ、それだけ見てくれる人が居るって訳よね。
ただ・・・その中にブログにお気に入りとかして
直リンしてくる人が恐らく居るからねぇ・・・
結構HPのTOPとか変わってるから見ておいたほうが
いいとは思うけどね、と言ってみる。
by: 影忍刹輝 * 2010/02/27 15:57 * URL [ 編集] | TOP↑
3100HIT越えおめでとう!!
名前どおりお久しぶり。
いつの間にか3000HITの大台を超えて、3100HIT越え!すごいぃ~!!

何があったかは知らないけど。
まぁ~ちょくちょくおちょくり?に来るんで。
更新ガンバ!S科!??
by: お久しぶりさまんサー * 2010/02/27 13:55 * URL [ 編集] | TOP↑

・・・え?野球部w
まぁ・・・誰でもいいわよ。この際(ぁ
by: レミリア * 2010/02/24 13:40 * URL [ 編集] | TOP↑

それはね やっぱあたいの隣の席の・・・
by: 小町 * 2010/02/24 13:29 * URL [ 編集] | TOP↑
あら。
キャラに成り切るのはステキよね。
好きよ。そういうの。

で、実際私たちの周りでは誰がえーきになるのかしらね。
by: レミリア * 2010/02/22 14:17 * URL [ 編集] | TOP↑

ぎゃ~! あたいの醜態をさらすようなことを書くのはよしとくれ~!!(きょ・・ちん・・・とか) 映姫様に笑われちまう・・・
by: 小町 * 2010/02/22 13:23 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。